有限会社プラス・エス
Lislow

GPS Racing Line Tracerカタログダウンロード
機能一覧
GPS Racing Line Tracer(以下は当製品と呼びます)はGPSロガー(以下はGPSと呼びます)とソフトウェア(以下は当ソフトと呼びます)で構成されます。

GPSはTransystem社(台湾)製のTripMate852をベースとした、プラス・エス特別仕様となります。

■GPSの特徴(赤字部分はプラス・エス特別仕様の特徴
GPS本体画像
66チャンネルGPSチップ
LEDインジケーター
単4(AAA)乾電池2本で稼働
USB2.0 マスストレージ対応
記録メディアmicroSD(microSDHC)
10Hz(1秒間に10ポイント記録)で記録可能(一般品は1Hzと5Hzのみ)
震動センサーによるスリープモードのキャンセル機能(一般品はキャンセル不可)
電源ボタンのみで10Hzログ開始の簡単操作(一般品は1Hzでログ開始後5Hzボタンでログ間隔変更が必要)
単純明快なファイル分割ルール(一般品は特殊なログ分割ルールが適用)

■5Hzと10HzのGPS違い
GPSロガーの仕様の出力間隔で記載される5Hzや10Hzといった表記は、1秒間のログ回数を表してます。 つまり、
 10Hzの場合1秒間に10回=0.1秒間隔
 5Hzの場合1秒間に 5回=0.2秒間隔
と言う事になります。ソフトで軌跡を表示する場合、記録された座標を線で繋ぎ、軌跡や速度、加減速G、横G等を算出したりしますが、記録間隔が広い場合、当然その間隔内に起きた突発的な軌跡は記録が無い為表示されません。あくまでその記録されている間隔埋める想像上の曲線で埋めるしか方法がないからです。同様に、5Hzでは10Hzに比べ、データから得られる速度や速度加減速Gにも欠落が出ます。
データ密度が高い事は、より詳しく正確な走行状況の把握に重要なポイントとなります。

■当ソフトの特徴
GPSへ画面に従い簡単接続(切り離し時はUSBの「安全な取り外し」は自動で行います)
AVCO社LAP SHOT(LP-01/LP-02/LP-03)に簡単接続及び通信可能(LP-01/LP-02/LP-03の設定可能)
豊富な走行環境データやマシンセッティングデータを管理可能
ネットブックタイプの小画面ノートPCでも見易く御使用出来る格納式画面で必要な物を効率良く表示可能
グラフィカルな画面(速度メーターやGメーター)で視認性も良く、楽しく直感的に操作が可能
更新間隔指定可能なアニメーション機能で複数(現在6ライン)の走行ラインを同時に比較シミュレーション可能
加速度/速度ベースで走行ラインをグラデーション表示
コース図エディタで未掲載のサーキットコースやジムカーナもご自身で簡単に作図可能
インターネット経由の自動アップデート機能で新コースデータやソフトを更新可能
PC操作に不慣れな方でもウィザード(紙芝居)形式の画面に従い簡単操作可能

■ソフト(GPS関連機能)
速度、加速度(G)、横G、高度をグラフや走行ライン上に表示(同時選択6ライン)
豊富な走行ライン表示モード(加速度グラデーション/速度グラデーション/単色ライン)
ラップタイム&区間タイム算出機能
コース上の走行ラインをトレースするアニメーションで確認可能(自車や他車との仮想併走可能 同時走行6ライン)
ウィーザード(対話)形式のデータインポートやGPSデータダウンロード、GPS設定で簡単操作可能
区間設定があるコースでの仮想ベストタイム表示機能
インターネット経由のAGPSファイル取得設定可能
国内の主要サーキットのコース図データを掲載(随時最新コース図追加配布有り)
コース図エディタで未掲載コースやジムカーナのコース図を独自に作図可能
区間設定のあるコースの場合、仮想ベストタイム機能で目標タイムを算出可能

■ソフト(LAP SHOT関連機能)
従来版PSLapManagerの機能を装備(※従来版PSLapManagerの機能についてはリンクを参照の事)
従来版PSLapManagerのデータ読込対応
LAP SHOTのタイムデータとGPSの走行ラインデータをリンクし確認可能

■GPS
AGPSファイル期限(更新後1週間)内であれば、電源ON後15秒以内で衛星をキャッチし、即10Hzにてログを開始(基本的に他のボタン操作は不要)
ジムカーナのパイロン座標はコース下見時に[POINT]ボタンで記録可能(コース図エディタで即座にコースデータ作成可能)
スリープモードによるファイル分割トラブルを避ける為、実稼働時に不要なスリープモードはキャンセルし、単純明快なログを記録可能

■掲載済みサーキット
十勝スピードウェイ(クラブマンコース/グランプリコース) (Ver.1.2.0/1.3.3で配布済み
スポーツランドSUGO (Ver.1.3.0で配布済み
筑波サーキット(2000/1000)
富士スピードウェイ(本コース)
ツインリンクもてぎ(本コース)
本庄サーキット (Ver.1.1.0で配布済み
袖ヶ浦フォレストレースウェイ (Ver.1.1.1で配布済み
スポーツランドやまなし (Ver.1.3.3(DATA0134)で配布済み
スパ西浦モーターパーク (Ver.1.1.1で配布済み
鈴鹿サーキット(本コース)
セントラルサーキット (Ver.1.3.0で配布済み
岡山国際
A-ONE(Aコース/Bコース/Cコース/逆Aコース/逆Bコース/逆Cコース) (Ver.1.3.3で配布済み
オートポリス
HSR九州(ドリームコース) (Ver.1.2.1で配布済み
モータースポーツランドHOBBY (Ver.1.3.2で配布済み

■掲載予定サーキット(ご購入後は自動アップデートにて配布予定)
HSR九州(本コース)
日光サーキット
エビスサーキット
仙台ハイランド
幸田サーキットYRP桐山
桶川スポーツランド
TSタカタサーキット
鈴鹿ツインサーキット
近畿スポーツランド
名阪スポーツランド
スポーツランド生駒
猪名川サーキット
etc...
但し該当サーキットでのGPSの受信状況によっては掲載中止の可能性もありますのでご了承下さい。
その他ご要望がございましたら、サポート担当までお知らせ下さい。
また、未掲載のメジャーサーキットはコース図データをお送り頂ければ、弊社にて作成し、自動アップデート機能で配布可能ですのでご購入後にサポート担当ご相談下さい。

■自動車の場合
■バイクの場合
トラックの様に切り立った様なフロントウィンドーで無い限り、自動車の場合は、フロントのダッシュボードの前側の左右中央に配置すると良いでしょう。
但し、電波を遮断する様な特殊コーティングされている様なフロントウィンドーの車両の場合は、電波の受信状態の良い、ルーフ等に取り付けるようにして下さい。
車両の外へ取り付ける場合は、付属品のジップロック式のビニール袋等を用い、防水防塵にご注意下さい。
バイクの場合は、ヘルメット、リヤシートカウルの側面や、フロントカウル(アッパー)等へガムテープ等で貼り付けたり、専用のステーを自作していただき、脱落しないように設置して下さい。受信状態が悪くなる様なフレーム内部や機器に覆われている様な場所は避け、震動がある場所を避け、ラバーマウントするようにして下さい。レギュレーション等でワイヤーロックが必要な場合には、ストラップ用の穴を利用して行って下さい。付属品のジップロック式のビニール袋等を用い、防水防塵にご注意下さい。
■GPS設置箇所に関する共通事項
自動車、バイク、カート、何れの車両への取付時も、アンテナ位置を真上に向け、アンテナに対しての見晴らしが良く、且つ震動の無い場所で同様に角度変化の少ない場所、また他の電子機器等による電気ノイズの発生源から遠ざけた場所への設置を推奨致します。
震動のある場所や、電気ノイズの影響を受けた場合、ログの座標が乱れたりする場合がございますのでご注意下さい。また同様にGPSのアンテナを真上に向けず、寝かせて設置した場合、誤差が大きくなる傾向にありますので、アンテナの向きにもご注意下さい。

インフォメーション 次へ
Copyright (C) 2006 PLUS S, Inc. All Rights Reserved.